FC2ブログ

あの顔。

昨日はオステオパシーという医療を受けました。
ウィキペディアによると、、

オステオパシーとは、、、、

1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって創始された。
単なる療法ではなく、オステオパシーとは、そのままでひとつの哲学であり、1. 身体全体をひとつのユニットとして考える、2. 身体の機能と構造は一体のものであると考える、3. 自然治癒力を鼓舞することを主眼とするなど、独特の医学体系を持つ。
オステオパシーとは、療法を指す用語ではない。たとえば、東洋医学の中に鍼療法があるように、オステオパシー医学という医療哲学のひとつの体系のことである。従って、その意味では、オステオパシー「療法」というのは正しくない。

うーーん、分かり辛いですよね。
私も受けるまで全くどんなものか分からず、ただ出向いたような感じだったのですが、治療後の感想は、、、

不思議体験をしたぁ。。。

その先生の予約はなかなかとることが出来ず、予約性が徹底しているアメリカでは珍しく、予約があっても1時間2時間待つことがあるそうなんですよ。
かぁちゃんは1時間弱待ちました。
そして問診と合わせて施術は2時間かかりました。
午後から仕事だったので、、、、、
かぁちゃん、遅刻しました~~~。

ウーバーでクリニックに出向いたのですが、景色を観ながら、そのままどこかに行きたい気分になり、硬い体と共に心も開放されました。

かぁちゃんの焦点は首肩なのですが、首がCOMPLETELY LOCKED(完全に固まり切っている)と言われました。
そして小さい頃に転んだ形跡があると言われました。(尾てい骨)
それと、大学時代に玉突き事故にあったことがあるのですが、その形跡もあると。
それらを全て2時間かけて調節してくださいました。
とにかく先生曰く、かぁちゃんの体は緊張の塊だといわれました、、。
そうなんです、、、常に戦闘状態です、、。

オステオパシーはこのように骨や関節を調整すると共に、心にも効くようですよ。
だからかぁちゃんは、どこかに飛んでいきたくなるような開放感を持ったのですね~~。

2週間後にまた伺う予定です。楽しみ♪
この機会を与えてくれた父ちゃんに感謝です。(父ちゃんが知っていた先生だったので、予約も父ちゃんがしてくれていました。)

さて、お話しはこちらも癒された日のお話しです♪


あの日の一枚っ♪

t16 (550x413)


シェルターのお話し も、、、

SHELTER4 (550x413)

ありますよ♪


素敵なお皿の、、、

t14 (550x413)

お話しも♪


その他の様子は宜しかったら下のContinue Readingをクリックしてご覧になってくださいね♪
犬ブログに参加しています。皆様の応援が励みです!いつもありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

Continue Reading

スポンサーサイト
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

ハルノママ

Author:ハルノママ
ハル(ビーグル ダックスフント ミックス)とクルミ(レッドヒーラー バセットハウンド ミックス)と父ちゃんと、ヴァージニアで毎日楽しく過ごしています♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ