FC2ブログ

撮影会。

今朝は本当になんとも言えない朝でした。

いつものように朝7時前にクルミを急き立て家族全員お散歩を開始しようとし、ハルがうんちをしかけている時、悲鳴のような声が聞こえました。
犬が吠えているのかと思ったのです。
すると父ちゃんが「ちょっと来て!」と言うので、ハルのウンチも拾わずにそちらに走って行くと、少し前に建物の階段から降りようとしている大きなゴールデンドゥードゥルと連れた母娘がいたのですが、70歳くらいのお母さんが頭から血を流し倒れていて、お嬢さんが悲鳴を上げていたのです。
おそらく犬が動こうとしてお母さんが階段から落ちてしまったのでしょう、、。
父ちゃんはハルとクルミを持ち少し離れたところにいて、かぁちゃんはすぐにそこへ行き、その方の頭の下に首にしていたマフラーを入れました。
そのお嬢さんが叫びながら声をかけていて、最初は意識がなかったのですが少し目があき、救急車を呼ぼうとしていたのですが、気が動転していてなかなかかけることが出来ず、同じく通りかかった男性が代わって救急車を呼びました。
かぁちゃんも一緒に大声でその方に声をかけ、何とか意識を取り戻そうとしていると、I AM SORRYと言葉を出せるようになりました。
救急車が来る音がしたので、その大きなわんこをとりあえず何とかしなくちゃと、その方に、おしっこをする必要があるか、もしないのなら家に置いてくると言って、その方の家を教えてもらい、鍵を受取りワンコをクレイトに入れて来ました。
引っ越してきたばかりのようで、家の中は段ボール状態。
ワンコもそれは何が起こっているのか分からないのでしょう、、、かぁちゃんが出る時にはワンワン吠えていました。
仕事をしていない時だったら、引き取って面倒をみてあげられるのに、、、

そんなとき、ハルは「察知」するのです。
ただごとではないと分かったら、近道お散歩を自ら選択。(大分これで時間を取られてしまったので仕事に間にあわなくなりますからね)
あ、でもその前に、きちんとハルの落とし物を拾いましたよ!

そんな朝で、かぁちゃんは父ちゃんに起きた出来事をそのまま思い出してしまい、車の中でしんみりと出勤したのでした。
ハルもきっと覚えているはず。
父ちゃんは「さちこは良く救急車に電話で来たね」と。
ほんと、今思い出しても、あの時のかぁちゃんの行動は脱帽です。
長い入院になると咄嗟に父ちゃんの下着、パジャマ、タオルをバッグに入れ、ハルにおしっこをさせて救急車に飛び乗ったのでした。

人間何があるか本当に分からないから一日一日を大事にしないとね、、難しいけれどね、、、
と父ちゃんと話した朝でした。

ほんと、難しいけれど。

さて、しんみりしてしまいましたが楽しいお話を♪

あの日の一枚っ♪


c4 (550x365)

その他の様子は宜しかったら下のContinue Readingをクリックしてご覧になってくださいね♪
犬ブログに参加しています。皆様の応援が励みです!いつもありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

Continue Reading

スポンサーサイト



- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

ハルママ

Author:ハルママ
本当の兄妹のようなハルとクルミ。我が家の長老ハルと典型的妹気質のクルミの楽しい毎日です♪この子たちに癒され毎日頑張る父ちゃんとかぁちゃんです♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ