感動の再会!と 残念なお話。

今日の一枚っ♪

DSC08704 (500x375)



その他の一日の様子は宜しかったら下のContinue Readingをクリックしてご覧になってくださいね♪

犬ブログに参加しています。皆様の応援が励みです!いつもありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
9月28日 水曜日

洋服やその他身に付けるもので、赤と紫 を合わせること絶対にないのですが、でも、、、





DSC08704 (500x375)

あら、赤と紫の組み合わせって素敵じゃないの。。。

自然界のものは、どんな色の組み合わせでもすんなりと目に入って来ますね。
すんなりどころか、目を引かれました。
今度、赤と紫、トライしてみようかしら、、、。(やめて置いた方が良いでしょう。)

ところで今日は一日雨予報。
しかも雷雨予報
朝も少し激しい雨が降ったようで、、



DSC08705 (500x375)

たくさんの葉っぱが散っています。

そして、雨だと歩く距離は少なくとも、精神的に疲れるようで、、、



DSC08707 (500x375)

良い感じ。

それにしても、どうしてお互いサイズ違いのベッドで寝るのでしょう。。

2人が疲れているのは雨だとういうこともあるのですが、今日はお留守番もあったのです♪
かぁちゃんはワンコと戯れてきました~。
帰って来たら、2人ともクンクンすごかった♪
そして戯れ過ぎて、体にたくさんひっかき傷がついていました、、、。

そして、午後のお散歩。
敷地の外を歩いていたら、前方50メートルほど先に、、

あら?!
クルミちゃん!!!
タラタラクンクンしている場合じゃないわよ!
ほら!


そして、20秒後。




DSC08708 (500x427)

クルミー!
フィービーちゃーーん!!!

やっとやっと会えました!
この後写真が無いのは、二人が躍り跳ねていたからです。
あ、ハル?

存在消していました、、。

クルミが本当に嬉しそうで嬉しかった~。
クルミちゃん、良かったね。

そして、再開の様子を父ちゃんに嬉しく話したかぁちゃんでした♪

******************************

残念なお話

******************************

皆さんはご存知でしょうか。
カナダのモントリオール市議会で、今まで禁じられていた(それも納得が行かないのですが!)ピットブルだけでなくピットブル系の犬たちに対しても所有を禁止し、全てのピットブル系の犬を殺処分することに過半数以上が同意したのです。
そしてその結果、新たな品種特異的立法が成立してしまったのです。


20150627090605fad_20161001224434236.jpg

ピットブルは残念ながら悪評高い犬種です。
「危害を与える」能力を持っている子ですが、穏やかな子が多く、大きいのに膝に乗って来たがるような子が多いのです。
土佐犬のように闘犬として使われることもあり、そして繁殖もされ、さらに捨てる人も多いので、ここアメリカにもたくさんの身寄りのないピットブルがいます。
なので、シェルターにも良くピットブルは来ます。

まだ多くの人が「ピットブル=危険な犬」と思っているのですが、一概にそうではないのです。



20150731074544f53_201610012244350b4.jpg

この動きは1人の女性がピットブルによって殺されてしまったことから始まりました。
でもその時の犬がピットブルであったかどうかもまだ定かではないそうです。
犬種に関わらず、人に危害を与えたこと、それはもちろんあってはならないことだと思います。
でも、この法律は極端すぎると思うのです。

モントリオールではこれまでは危険犬種法によってピットブルと定められていた犬種に対しての所有が禁止されていて、発見された場合は、たとえ飼い犬であっても強制連行され殺処分されていたそうです。
でもこの新しい法案の通過によって、ピットブル系のすべての犬たちに対して取り締まられることが決定したのです。
ピットブル系ということは、ピットブルが入っている犬全てということで、、


s-DSC09208_201312040430212e4_20161002010219cbe.jpg

もしこの子、あの可愛い可愛いローラがモントリオールにいたら、、、


s-DSC08032_20131118024716c03_20161002010219c39.jpg

この子も被害に遭うのです。
そんなことが許されて良いのでしょうか。


20150816202250733_201610012245015d0.jpg

期限は10月3日。
それまでにすべてのピットブル系の犬が殺傷処分されることになっています。
考えられません。
本当に考えられません。

どうやって救うことが出来るのでしょう。

実は10月半ばにモントリオールに行くことになっていて、もう少し早ければ一匹でも連れて帰って来ることが出来たのに、、、
と悔しいです。
一体、今、私達に何が出来るのでしょう。


モントリオールのSPCA(動物愛護団体)は、もちろん始動しケベック州最高裁判所に上告するそうです。
一部の犬たちはモントリオールの外に脱出させることが決まっているそうですが、ほんの一部だと思います。


20141121212722dca_201610012245020ee.jpg

おそらく殺傷される時は、ひどい殺され方をするのでしょう。ケベックの獣医さんたちは、安楽死を望み、その新しい法律に意義を唱えているそうです。

そして、今、実際にピットブルを飼っている家族はどうなるのでしょう。
殺処分から逃れるために飼い主が守らなければならないことは、、、


2016091403065980b_20161001224501550.jpg

・外出時には常に口輪をすること(絶対に外してはならない)
1.25メートルのリードを必ず使用すること
$150(約11,630円)の登録料を支払うこと

これらすべてを守らない場合は、殺処分されるそうです。


ホームレスや低所得の方も多くピットブルを飼っていて、これらのお金が払えないために殺傷されてしまうことも予想されます。


201505020317562f6_20161001224437527.jpg

ただ、時間が刻々と過ぎて行くのを待つのが本当に悔しく苦しく情けないです。


s-DSC08199_20131120225654f52_20161002010505d43.jpg

本当に理解できず、この事実を消化出来ません。


201512190649164cf_20161001224438f82.jpg

もっともっと良い世の中にしたいです。
自分が何が出来るのか考えていますが、期限が迫る中で焦るだけ、、、。
無力です、、。


最後まで読んでくださりどうもありがとうございました!犬ブログに参加しています。雨でも良いことあったクルミに一票お願い致しますっ♪
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

初めまして、「ココと歩けば」というブログを書いていますマルです。同じく東海岸からお邪魔しております。いつもハルちゃんクルミちゃんの可愛い写真に癒されています。

モントリオールの法案はずいぶんと偏ったものですね。特に、今いる子達を殺処分するとはかなり乱暴ですね。。。
確かに問題を起こすピットがいるというのは事実だと思うのですが、ピットブルは甘えたで可愛い子が多いですよね。つぶらな瞳にすいよせられます。Change.orgのpetition にサインをして来ました。
Posted at 2016.10.02 (10:04) by マル (URL) | [編集]
マルさんへ。
マルさん、

はじめまして。
ブログに来てコメントを残してくださったどうもありがとうございます。
ハルとクルミのことをいつも見てくださっていてとても嬉しいです!

モントリオールの法案、、、本当にひどいですね。
お友達が言っていたのですが、一人の人が人を殺したら、人間すべてを殺すのか、、と。
犬が人を傷つけたのはもちろん良く無いことですが、他に策があると思うのです。
時代に反した流れですよね。
ピットブルは本当に可愛い子が多いですよね。私も大好きです。
マルさんが教えてくださったCHANGE.ORGのPETITIONを探したのですが、見つかりませんでした、、、。
またトライしてみますね!
教えてくださってありがとうとございます!
これからもどうぞよろしくお願い致します。

ハルママより
Posted at 2016.10.02 (19:04) by ハルママ (URL) | [編集]
ピットブルは確かにイメージ的に危険とされているから詳しくない人々に理解を求めるのは難しいのかもしれませんね。以前アパートで10歳前後の子供にチェーンリーッシュを持たせて散歩させていたピット系のワンコが子供を振り切ってレイラとココに突進してきて大変なことがありました。二人は逃げるようにしてレイラがその時初めて他の犬に吠えたのを見たくらいです。私の膝にもぶつかり噛まれるのではないかとビックリしました。
その後子供に注意をしても無視されました。
このように飼い主、人間に多大な責任があると思います。またこのような状況でも繁殖させていることにも問題があると思います。
ハルママさんのおっしゃる通りみんな危険な子とは限らないですね。先日うちのスクールのデイケアの常連のピットはやはりやんちゃな子ですが、レイラとココと滑り台で遊びたくて二人の真似をしようとするのですが重くて滑り台に逆登りが出来ず悔しがりワンワン吠えている姿が可愛く、私にスリスリしてきたり本当に良い子です。こんな可愛い子達もいるのに犬種をいう理由で殺傷処分は本当にあってはならないですね。
全て人間の身勝手以外なにものでもないですね。

クルミチャン、会えてよかったですね!!!!(^O^)/
お友達は大事にですね!!!(*^_^*)
Posted at 2016.10.03 (03:58) by mackmay (URL) | [編集]
mackmayさんへ。
mackmayさん、

こんにちは。
ピットブルや何種類かの犬種は悪評が高いですよね。
レイラちゃんとココちゃんは怖い思いをしたのですね。そのお話、覚えています。
我が家の敷地内にもピットブルはいて、ハルが凝り性も無く向かって行ったりするので冷や冷やする時があります。
そうなんです、人間が悪いのです。
もちろんどうやっても矯正できない凶暴性を持った子は難しいかもしれませんが、でも大抵のことは人間次第だと思うのです。

お友達が言っていましたが、一匹のピットブルが凶暴なために全てのピットブルを殺傷しなくてはならないのなら、一人の人間が殺人をおかしたら、全ての人間を罰しなくてはならないのかと。
本当にそうですよね。
どうしてこんなおかしなことが、近代社会でまかり通るのか本当に理解できないのです。

クルミはフィービーちゃんに会えて本当に嬉しそうでした♪

お忙しいのに丁寧なコメントをいつも本当にありがとうございます~。

ハルママより
Posted at 2016.10.03 (08:59) by ハルママ (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

ハルノママ

Author:ハルノママ
ハル(ビーグル ダックスフント ミックス)とクルミ(レッドヒーラー バセットハウンド ミックス)と父ちゃんと、ヴァージニアで毎日楽しく過ごしています♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ