FC2ブログ

気付かせてもらったこと。

ずっと更新出来ずにいました。
まだハロウィーンのことも、その後あったいろいろなことも書けていないのに、サンクスギビングまで終わってしまいました~。
このままだとっという間にクリスマスが来そうです。
いろいろあり毎日忙しくしてていますが、とりあえず元気です。
父ちゃんは風邪を引きかけたり、それを何とか持ちこたえたり。
とにかく二人で頑張って働いています~。

あ、ハルとクルミ?

あの二人はますますアチチです。
兄弟なのか、恋人なのか、、いえ、母と息子という感じ、、。
クルミの抱擁されてぬくぬく寝ている老犬ハルです。

あの日の一枚っ♪

IMG_7010 (550x412)



実はしばらく休んでいたシェルターですが、またまたシェルターのお話、それに関連した過去のお話も、、

IMG_6994 (550x412)

あるのです♪

その他の様子は宜しかったら下のContinue Readingをクリックしてご覧になってくださいね♪
犬ブログに参加しています。皆様の応援が励みです!いつもありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ




この、、


IMG_6988 (550x412)

ウィグルズ。
数か月前にかぁちゃんが突進されて膝を怪我をした子で可愛いのですがその勢いが!
以前も書きましたが噛み癖が増しているので、ケネルから出すのも工夫が必要なんです。
そんな時に役立つのが、、



IMG_6987 (550x412)

じゃじゃーん。
チーズがピューッと出る缶。

ケネルの中、そしてリーシュを付けると噛んでくるので、このチーズを足元にまき散らしながらヤードまで引導です♪
アメリカンなアイデアですよね~。
家の子たちにしたら、興奮して大変なことになりそうです。

ところで、夏前のこと。
かぁちゃんの永遠のテーマについて日々考えておりました。
それは、、

これからどのように生きたいか。何をしたいのか。

はい、父ちゃんと二人三脚で頑張っていたクリニックですが、最初の一年は慣れないお仕事で苦労しました~。
でも徐々に慣れてきて、今ではとても楽しんでいます。
でもね、、

やっぱり犬の仕事がしたい、、

とどこか心の奥で思い続けていたのです。


IMG_6986 (550x402)

シェルターに行く度に、そこで働くスタッフを見て、私もあんな風に働けたらなぁ、、
なんて夢描いていました。

遡って9年前にかぁちゃんがヴォランティアを始めた日。
その時にワンコのケネルを掃除したり、餌をあげたり、お薬をあげたりしているアニマルテクニシャンという人の仕事を見て、、、

いいなぁ、、この仕事、いつかしたい!

と思ってから早9年。
今トライしないと一生出来ないと思ったので、父ちゃんに、、

あのぉぉぉ、、犬の仕事がしたいのですが、、
クリニックを辞めても良いですか?


と辞表を出さずとも、言葉でお願いしたのでした。

クリニックに迷惑をかけないためには、かぁちゃんが仕事を見つける前にクリニックで働ける人を雇わなくてはなりません。
かぁちゃんが将来的にクリニックからいなくなることを想定して人を雇いました。

そしてその後、シェルターの職を申請しようとしたのですが、かぁちゃんが欲しい朝の仕事の空きが無く、夜のシフトしかありませんでした。夜は10時までの仕事になるので、それは朝型のかぁちゃんには無理、しかも父ちゃんと生活が行きちがってしまうのでそれもしたくありません。
でも、かぁちゃんは駄目もとで、直接人事担当の人に朝シフトが無いかお話をしてみようと思ったのです。
フルタイムでなくとも、パートタイムでもと。



IMG_6992 (550x412)

それでどうしたの?

細かく話すととても長くなるので端折るけれどね、、、

人事担当のスタッフの対応に疑問を抱いたのです。
今までシェルターにネガティブな気持ちを持ったことは一度も無かったのですが、初めて何とも言えない気持になりました。
ものすごくワクワクし、前に進む!と決めていた時だったので、その反動の大きさと言ったら、、。
しばらく凹んでおりました。

かぁちゃんが「スタッフとして働きたいの!」と言っていたことを、プレイグループのメンバーの多くの人が応援してくれ、そしてプレイグループのメンバーの何人かはボードメンバー、そのうちの1人はCEOでもあるので、かぁちゃんの様子を見守っていてくれました。



IMG_6994 (550x412)

あの怪我をした日、実は人事の人との面接だったのです。だから皆に、「すぐに帰った方が良い!病院に行け!」と言われたにも関わらず、かぁちゃんは残ってその人事の人を待ったのでした。(その方はかなり遅刻して出社)

とにかくその後もいろいろあり、結果。

犬のために働きたくとも、この人たちと一緒に働けるのだろうか、、という疑念を抱き、ボランティアという立場で居続けることにしたのです。
でもね、その間、クリニックで働いていることがどんなに楽しいか、どんなに自分に合っている仕事なのかと言うことが分かったの~。
だから言ったじゃん!と父ちゃんに言われました。)
でも時はもうすでに遅しで、かぁちゃんのお仕事の半分は他の方が出社しているのでかぁちゃんはヴォランティアと家にいる日が多くなったのです。

そのヴォランティアも、ネガティブな印象を持ってしまったシェルターとスタッフに会うのが少し嫌になってしまって、何週間かお休みしたのでした。



IMG_7002 (550x412)

あ、だからお家にいた時があったの?
ハルちゃん、おちりがクルミちゃんにくっついてるじゃないのぉぉぉ。
そうよ、おにいちゃん、いくらあたしでも、くるちいわよ。

50近くになっても、まだこんなことで悩んで情けないですが、これがかぁちゃんなのでしょうがない!

そして凹みに凹んでいたその時、シェルターのプレイグループのメンバー、かぁちゃんも好きなゲアリーおじちゃん(ボードのCEOです)こんなメールが来たのです。

Hi Sachiko ...
Beth has shared with me your ongoing trials of applying for a job at AWLA, which goes back many, many weeks and lots of questions. Neither of us understands the mystery.
No matter what, the most important thing is that you know how much everybody appreciates your help with the dogs !! We all know the animals that come through the shelter are in need of productive compassion ... not just feeling sorry for their circumstance, but applying positive experiences to each unique, individual dog to prepare them for another chance at life. And you have learned many skills in evaluating those needs and then being on the front lines of providing companionship. And with great commitment and loyalty to the team of playgroup volunteers. Please know that you are special. I love working with you ... especially since you laugh at my jokes.
Having a paid job at AWLAi is not the most reliable way to know you are wanted. Being surrounded by dogs, and watching their attraction to you is the real proof of your value to the shelter.




IMG_7010 (550x412)

クルミちゃん、訳して~。


IMG_7012 (413x550)

大好きなパンダちゃんを顎枕にし熟睡中なので、、


IMG_7013 (413x550)

とても無理無理。

と、言うことで仕方ないのでかぁちゃんが訳させてもらいます。

ハイ、サチコ、、
ベス(かぁちゃんのプレイグループパートナーで元弁護士のこの方もシェルターのボードメンバーです)が幸子が何度もシェルターの仕事に募集していることを話してくれたよ。もう何週間も経っていて、本当にどうなっているのか誰にも分からない状態だね。

でも、大事になのはどれだけみんながサチコが犬達を助けてくれていることに感謝しているのか知ることだよ。
シェルターに助けが必要でやって来る動物たちには実質の伴う同情が必要なんだ。ただ可哀想と思うだけではなくて、あの子たちそれぞれにあったポジティブな経験を体験させてあげ、そして次なるチャンスの準備をしてあげることが大事だよね。
サチコはそれぞれの犬がどんな性格か判断し、最前線で犬達に接してあげることが出来るスキルを身に付けた。
それにプレイグループに率先して参加し、貢献してくれているよね。
どうかサチコがどんなに特別なのかと言うことを分かって欲しい。僕だってサチコと働くのが好きだよ。特に僕のあのジョークに笑ってくれるからね~。
シェルターでお金をもらってスタッフとして働くことが、幸子が必要とされていると思える方法だとは思わない。
犬に囲まれ、犬たちがサチコを必要としているのを知ることがシェルターで働くことの誇りだと思う。



ここ数か月、ずっと凹んでいたかぁちゃんの心をこのメッセージが一気に温め、そして大事なことに気付かせてくれました。
そう、ゲアリーのおやじギャグに弱くて、いつも笑っちゃうの。
でも、この時は泣いちゃいました。

シェルターでボランティアすることの意味を気付かせてくれたこのきっかけに感謝です。
そして、クリニックで働くのが大好きだったと気付かせてくれたこのきっかけにも感謝です。
当面は毎日出勤では無いけれど、そのうちお仕事増えるかな~。

と言う感じの日々でした。

さて、次はやっとハロウィーンのことを書けるかな。
今年はどうしたのでしょう、、。


12107208_840887526010527_8554453073349151865_n (413x550)

むふふ。


最後まで読んでくださりどうもありがとうございました!犬ブログに参加しています。応援いただけたら嬉しいです♪
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2018.11.24 (08:33) by () | [編集]
鍵コメ Cさんへ。
どうもありがとうございました。
まだまだ未熟で、小さなことに凹んでいた日々でしたが元気です~。
ありがとうございました!!

ハルママより
Posted at 2018.11.25 (20:28) by 鍵コメ Cさんへ。 (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

ハルノママ

Author:ハルノママ
ハル(ビーグル ダックスフント ミックス)とクルミ(レッドヒーラー バセットハウンド ミックス)と父ちゃんと、ヴァージニアで毎日楽しく過ごしています♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ